So-net無料ブログ作成
検索選択

エマ [私の本棚]

第6巻購入しました。
なんだかますますとんでもないことになっています。
それもこれも、あのぼんくら坊ちゃんのせいだと。私は思いました。

そもそも、エマとの出会い横浜のアニメイトに平積みになっていたこと。
帯の「メイドには恋をしてはいけない時代がありました」
の言葉や歴史を感じさせるロンドンの絵が何とも言えず、一度手にとって今度買うかなとめぼしをつけた作品だった。
そのうち、実家で神奈川テレビアニメを見たらしく、母が電話で興奮しながら、
「エマっていう漫画知ってる?見てる?」
というので、神奈川テレビがうつらんからみとらんと答えると、あらすじを話し出し、それは大まかな解説というよりも、母の感想とかなり激しい怒り・・・・・だった。

まず、メイドとして働くエマが苦労をしてきた若い女性だということ。
真面目な人柄で、優しく、眼鏡をかけていて派手なところがなく、年頃の女の子としては非常に奥手であること。
エマが恋に落ちるのは身分違いの男性だということ。
そしてその男性は腰抜けだということ。
その男性には意地悪な妹や弟や姉がいてとてもじゃないが、交際しても幸せになれるとは思えないこと。今まで苦労してきたのに、結婚してまで苦労を抱えることは無いと。

・・・・・母が、熱く語ったエマに関してを要約すると上記のようになる。
そして、漫画を買ってきてくれと頼まれた私は、後日アニメイトに走った。
まわりの興味を持ってくれそうな友人にもメールをし、自分は見られないアニメの宣伝をしてから、漫画を読破。
泣きながら、読みました。エマの幼少からの苦労は・・・・・。
そして恋物語になってきたら、あまりにもエマの相手がふがいなく、これじゃあ母さん怒るの無理ないと思い。第3巻だったかな。怒りの鉄拳を本にぶつけてしまいました。
この野郎、もっとしっかりせんかい!!
これ以上、エマを泣かせるな!!!!!!!
私が本に殴りかかったことは、生まれてこの方なかった・・・・・。
まあ、そうしましたら、4巻あたりで少しは行動的になり、私の一発は無駄ではなかったと思いましたが。
でも、今回6巻買いまして、私の認識は意地悪な弟にかなり魅かれております。
ぼんくら兄貴よりも、この弟の方が・・・・・見込みがあるように思います。
エマは他にも選ぶ相手がいたはずなんですが、なんでかあのぼんくらを好きになってしまうところが、作者のうまいところだと思います。
エマには幸せになってもらいたい。
眼鏡仲間としても。
野良猫にえさをあげているところも。
私は好きだ。
本の間に感想を書く葉書が挟まっているのだが、この葉書も絵が描いてあり、手が込んでいる。
私は3巻のところで、あまりにも坊ちゃんのぼんくら振りが情けないので、怒りに任せて感想を書いて送ってしまった。
作者の方も、読まれていたら、驚かれたことだろう。

あまりにもぼんくら、ぼんくらと書いてしまったから、名前を書いておかないとこれからよむ人に人物がわからないから。
ウィリアム・ジョーンズ
お前、もう少ししっかりしろよ。
いくら世間知らないからって、予測するということができないのか。
7巻ではきちんと対処するんだぞ。

・・・・・今はとにかくエマの無事を祈るしかない。

エマ (6)

エマ (6)

  • 作者: 森 薫
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2005/08/31
  • メディア: コミック


nice!(2)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 2

コメント 5

優姉

  「エマ」私も何度かTVで見たことがありますが、見るたびにかわいそうな
シーンばかりで、主人公が幸せになれる気配もなかったです。
といっても見た事は数回だったのですが。人買いにさらわれてしまう幼少
時代のところは、その時代の背景等を思うと悲しくまたやるせない気持ちに
なりました。確かに、あの時代、身分違いの方と結婚しても、結ばれて
ハッピーエンドではなく、その後の苦労の方が大変だろうなぁという気が
します。よい話だったのでまたTVで放送されるとよいですね。
  エマとは関係ありませんが、ブログの背景変更したのですね。
なかなか秋っぽくって素敵です!!
by 優姉 (2005-10-24 12:15) 

aoyamasijinn

>優姉さん、気が付いてくれたのねえ。背景、秋っぽくしてみたです。エマ結構人気みたいですが、DVDまで買えないのが辛い。
by aoyamasijinn (2005-10-24 21:43) 

aoyamasijinn

>へー八郎さんナイスありがとうございます。
by aoyamasijinn (2005-10-24 22:22) 

うさ

aoyamasijinnさんにナイス!頂いて飛んで参りましたw(そして、過去記事ですがコメントw)
ほんとに坊ちゃんは”ぼんくら”ですよね~。しっかりしろよっo(`ω´*)oと何度思ったことでしょう。
次7巻ではなんとしてでもエマを救出して欲しいものです。(心配~;)
6巻では弟がなんだかいい味出してましたね。これからが楽しみですw
by うさ (2005-11-10 08:18) 

aoyamasijinn

☆うささま
いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。皆思うことは同じですよねー。
by aoyamasijinn (2005-11-10 13:28) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。