So-net無料ブログ作成

半沢直樹が愉しみ [ドラマ・映画]

ドラマを見たら面白かったので、思わず原作を購入。
まだ読めてないのですが、ドラマも続きが気になってきになって。
いつも日曜はバイトに入っていると診れないので、録画しているのですが、帰宅して夜中に半沢を見るのが楽しみになっています。
嫌な役どころの役者さんたちも演技がうまくて、うわあ・・・・・こういうやついるー。とか机をわざとバンバン叩いたり。コレを毎日やられたら精神的に病むよねえ。とか見ながら思いました。
私の友人も数人社会人になってから精神的に追い詰められて病気になり薬を飲みながらの生活をしていますが、友人もこういう目に合ったのかな。と思いました。
現実は半沢さんみたいにピンチになっても潜り抜けてうまく行くってことは難しいのでしょうけれど。
一本心に芯が通った男を最近は見ませんからねえ。
ドラマや小説の中でしか。
このドラマを見ていると、亡くなった祖母が
「男は一本芯が通ったところがある人でなければ駄目だ。」
と話していたのを思い出します。
きっと元気で家にいたら半沢直樹も毎週見ていただろうなと思います。
やられたら倍返し。
受けた恩は百倍返し位に思っていないと周りに対する感謝を忘れてしまう方なので、ちゃんとしてないといけないですね。


オレたちバブル入行組 (文春文庫)

オレたちバブル入行組 (文春文庫)

  • 作者: 池井戸 潤
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2007/12/06
  • メディア: 文庫



オレたち花のバブル組 (文春文庫)

オレたち花のバブル組 (文春文庫)

  • 作者: 池井戸 潤
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2010/12/03
  • メディア: 文庫



ロスジェネの逆襲

ロスジェネの逆襲

  • 作者: 池井戸 潤
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2012/06/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 2

村石太マン&検索レディ&ハゲタカ

半沢直樹で 検索中です
銀行 という 舞台で 一風 変わった ドラマで おもしろいですね。お金 あずけても 金利が つかない~バブル時代 懐かしい 忘れてしまいそうな 思い出。そして郵政~(ドラマと関係ない話~)
池井戸さんの小説も 読みたいです。
中間管理職は きついですね。
銀行という仕事は どんなところかなぁ?
ドラマ同好会(名前検討中
堺さん という 役者は 2枚目かなぁ 個性的ですね。
かばん屋の相続 短編 おもしろそうですね。読みたいです。
小説同好会(名前検討中
by 村石太マン&検索レディ&ハゲタカ (2013-08-31 12:36) 

aoyamasijinn

☆村石太マン&検索レディ&ハゲタカ 様
初めまして。
バブル時代の凄い話は聞いた事しかないので、そんなことがあったのかと驚きしかないですね。
就職氷河期経験者なので、景気の良い日本を実感したことがありません。

by aoyamasijinn (2013-09-12 01:02) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。