So-net無料ブログ作成
検索選択

猫の絵を見てきたよ [画集]

バイト休みだから、今日しかない!と思って行ってきました美術館
美の巨人たちって番組で紹介されていた竹内先生の斑猫の絵をどうしても見たくなり。

初めていく場所でガラケーで調べてみたら違う場所が検索で表示されてしまい移動中に気がついて慌てて路線変更して竹橋に向かいました。
そもそも竹橋って何処よ!という状態でしたから駅からどういくのかわからなかったのですが階段にポスターがありそれを見ていた男性に思い切って美術館に行かれますか?と聞いてみたら一緒に来てくれました。なんて親切な!と思ってありがたく案内していただきました(笑)
ありがとうございました。本当に助かりました…!

駅から近い場所にありました〜!
そして皇居が近かったです。

美術館の中でも他のおじさんに親切にしていただきました〜!皇居が目の前にみえる場所に感動していたら、門が見えたから有名な門かと近くにいた方に聞いてみたら、忘れるくらいだから有名じゃないらしかったです。
初めて二重橋というのを島倉さんの歌を聴いて知りましたが電車の中で駅の名前で気がついて景色を見ようとしたら地下鉄で見れなかったと話したら、歩いても行けるよと教えていただいたので晴れてる日に見に行きたいなあと思いました。
春は特に良いらしいです。桜が綺麗なんですって!

展示スペースも素晴らしいですが休憩できるスペースもありゆっくり一日を過ごしたい人にはとてもいい美術館だと思いました。
下調べを間違えていなかったらもっと余裕もって見れたので時間があんまり無くて残念でした。

常設展示も見れたから見てきたのですが、菱田先生の屏風とか雀が礼儀正しく並んでいて同じ雀でも描く人によって竹内先生の雀と何処か違っていて興味深く思いました。

あと誰の素描か忘れましたが赤鉛筆で描かれた湯女の二枚の絵が左のお姉ちゃんは右のお姉ちゃんより若いのかなと思いました。右のお姉ちゃんの方がおっぱいがあるように見えたのですがポージングの違いなのかどうかわからなかったです。

現代美術はよくわからなかったので海外の作家さんの作った大きな顔があったなとか岡本太郎さんの爆発したような感性の絵とかありましたがじっくり見るだけ時間と気持ちに余裕がなくて鑑賞には至りませんでした。
今日の気分は日本画を見たい気分だったんで。

竹内先生の動物の絵がどれも迫力があって夢に出てきそうで今夜楽しみです。
猿の絵もあり、見てきましたが顔がちょっと怖かった。威嚇してる顔付きの猿がいたからかな〜。

図録も買えたのでゆっくりみよう(≧∇≦)
うちのニャンコ達が気になるのかグッズやチラシの上に乗っかってきました…(;´Д`)彼女たち特有の鑑賞方法か…!
とりあえず絵を見た感想など猫に伝えてみよう…。
131001_1847~01.jpgmini_131001_19010002.jpgmini_131001_19020001.jpg

竹内栖鳳: 京都画壇の大家 (別冊太陽 日本のこころ 211)

竹内栖鳳: 京都画壇の大家 (別冊太陽 日本のこころ 211)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 2013/09/02
  • メディア: ムック



竹内栖鳳

竹内栖鳳

  • 作者: 平野重光
  • 出版社/メーカー: 光村推古書院
  • 発売日: 2013/09/10
  • メディア: 大型本



もっと知りたい 竹内栖鳳 生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

もっと知りたい 竹内栖鳳 生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

  • 作者: 吉中 充代
  • 出版社/メーカー: 東京美術
  • 発売日: 2013/08/29
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 2

優姉

素敵な時間を過ごせたようですね。
のんびり好きな絵を見て、リフレッシュできたかな。
by 優姉 (2013-10-03 13:47) 

aoyamasijinn

☆優姉さま
日本画は心が癒されるねえ。色とかも柔らかくて素敵でした。
テレビで放送されたからなのか平日でも混んでましたよ。
猫が目当てだったけど、色々見れたからよかった。

by aoyamasijinn (2013-10-08 15:11) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。